英検準1級

英検準1級のライティングで満点を取った解答を公開します!

 英検準1級を目指してる人の中には

  • 英検準1級のライティングで満点をもらえる解答ってどんなのだろう
  • ライティングで高得点を取るコツを教えてほしい
  • おすすめの参考書を知りたい

このような疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事ではこういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 英検準1級のライティングで満点を取った解答を公開します
  • 英作文で9割~満点をとるために大切なこと【 まずはここを意識すればOK 】
  • 練習するのにおすすめの参考書

この記事を読むことで、実際に英検準1級のライティングで満点をもらえた解答と高得点を狙う際に大切なことが分かります。

 

実際に英検準1級のライティングで満点をもらえた解答がこちらです

自分が受けた回のTOPICとPOINTSは

Is it acceptable to keep animals in zoos?

・Animal rights
・Educational value
・Endangered species
・Living conditions

でした。

 

以下自分の本番での解答です。メモを残していたのでほぼ合っているはずです。

  I think that it is acceptable to keep animals in zoos.  I have two reasons to support my opinion in terms of living conditions and educational value.

  The first reason is that keeping animals in zoos enables them to live longer.  In many cases, if they live in nature, they are likely to be eaten by other animals and die because of different factors.  However, by having them in zoos, they can live safely.

  The second reason is that keeping them in zoos benefits children regrding educational value.  For example, they can provide a good opportunity to learn the importance of life for children.  Without zoos, they could not have such an opportunity.

  For these reasons, I believe that it is necessary to have animals in zoos.

合計128語

 

この解答で16/16もらえました。

今思うともう少しうまく書けたかなあという感じですが、当時の自分にとっては力作でした。

ライティングは高得点を取るためのコツがいくつかあるので、1つ1つご紹介します。

 

英検準1級のライティングで9割~満点を取るために意識すべき5つのこと

ライティングを書くときに「これだけは意識しておいて!」というものを5つご紹介します。

  1. 難しい単語を使う必要はない
  2. 難しい文法もいらない
  3. パラフレーズを意識する
  4. 英文の構成や流れに気をつける
  5. 読む人が読みやすい文章を心がける

それぞれ詳しく見ていきます。

 

①:難しい単語を使う必要はない

英検準1級のライティングでは、パス単で覚えたような難しい単語を使う必要はないです。

上のライティングを見て分かるように、ほとんどが中学レベルの単語です。

難しい単語を使うことで

  • スペルミスが多発する
  • 本当に使い方が合ってるのか不安になる
  • 思いつくのに時間がかかる

などの問題が起こりやすくなります。

なので、少しでも不安に感じたら中学レベルの単語で表現できないか考えるのが大事です。

自分も常に簡単な単語で乗り切るようにしていました。

へたに冒険して減点されるのは嫌ですからね。

もちろん難しくても普段から使い慣れている単語を使うのはOKです。

大事なのは「無理に使わなくても点数はもらえる」ということです。

 

②:難しい文法もいらない

これも上で説明した単語の話と基本的には同じですが、1点だけ注意点があります。

それは「できるだけ色々な文法表現を使う」ことです。

難しい文法を使う必要はありませんが、バリエーションは大切です。

なぜなら、採点項目の1つに

文法:文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか

という項目があるから。

便利だからといって、形式主語構文ばかり使うのはNGです。

本番いきなり書けるようになるものではないので、普段から意識することが大事です。

ちなみに自分がよく使っていた文法・表現は

  • enable O to do / allow O to do
  • Thanks to ~ / By doing, S can do
  • lead to ~ / result in ~ /
  • make O C / cause O to do
  • encourage O to do / help O (to) do
  • This means that S V /
  • be likely to do / be less likely to do
  • It ~ for ー to …
  • prevent O from ~ing
  • spend 時間 ~ing

このあたりはよく使っていました。

120~150語なのでこれだけ覚えておけば被りは出てこないと思います。

 

③:パラフレーズを意識する

パラフレーズとは言い換えです。

例えば、important→significant みたいな感じです。

英語は同じ表現を繰り返し使うのを嫌う言語です。

なので、できるだけ2回目からは別の表現に言い換えた方がいいです。

ちなみにこれも採点項目の1つに

語い:課題に相応しい語いを正しく使えているか

というのがあります。

直接パラフレーズとは書いてありませんが、間違いなく採点基準の1つになっています。

なので、練習の段階から意識しておくことをおすすめします。

 

④:英文の構成や流れに気をつける

これを意識すると一気に読みやすい文章になります。

採点項目には

構成:英文の構成や流れが分かりやすく論理的であるか

とあります。

つまり大切なのは以下3点。

  • 4段落構成で書く
  • ディスコースマーカーを大切にする
  • 本論の1文目はトピックセンテンスで書く

このあたりを守って書くことが大切です。

ちなみにトピックセンテンスとは、その段落で一番言いたいことです。

英語は各段落の1文目に、その段落で一番言いたいことを書かなければなりません。

このあたりについては英検準1級のライティングで高得点を取る7つのコツ【小学生でも書けるようになります】で詳しく解説してます。

英検準1級のライティングで高得点を取るコツを惜しみなく解説してるのでぜひ参考にしてください。

 

また、英検準1級のライティングで高得点を狙うには、1文1文のつながりも大切です。

そこで重要になってくるのがディスコースマーカーです。

ディスコースマーカーとは、次にどういった内容がくるのかを説明するためのもの

例えば、howeverやthereforeなどがそれにあたります。

ディスコースマーカーを自然に入れるようにすると読み手は内容を理解しやすいです。

なので、ディスコースマーカーを積極的に取り入れていきましょう。

 

自分がよく使っているディスコースマーカーをいくつか挙げておきます。

  • therefore / as a result / consequently
  • moreover / also / furthermore / besides
  • for example / like / such as
  • but / however
  • although / though / while

これらを使うことで

1文1文のつながりがよくなる
    ↓
読み手が読みやすくなる
    ↓
構成点で点数が伸びる

このように結果的にライティングの点数が上がります。

ぜひ積極的に取り入れてみてください。

 

⑤:読む人が読みやすい文章を心がける

読み手が読みやすい文章を書くことも大切です。

採点者は1日に何枚もの答案を採点するはず。

なので、理解しにくい答案よりも一発で内容が理解できる答案の方が好まれます。

みなさんから見て、自分の答案が読みやすかったかは分かりません。でもディスコースマーカーを使ったり、トピックセンテンスを意識しているので、読みやすかったのではないでしょうか。

シンプルに分かりやすく!が一番ですよ。

 

英検準1級のライティングで満点を狙うのにおすすめの参考書

最後に自分がライティングで満点を取るのに役立った参考書を1冊紹介して終わろうと思います。

それは英検準1級 英作文問題完全制覇(ジャパンタイムズ)です。

この参考書を1冊やりこめば英検準1級のライティングで満点を取る力がつきます。

自分もこの参考書にはお世話になりました。

特徴を簡単にあげておくと

  • 英検準1級に頻出のテーマを網羅できる
  • そのまま実践で使える英文ばかり
  • 英文レベルが易しめなのでマネしやすい
  • 音声も聞けるので空いた時間に復習しやすい

詳しくはこちらのレビュー記事をどうぞ。
英検準1級英作文問題完全制覇のメリット・デメリット・使い方を徹底解説!

自分はこの参考書をやり込んでから、11/16→16/16まで上がりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA