大学受験向け参考書

やっておきたい英語長文700のレベルや特徴、使い方を徹底解説!

長文問題集を探してる人
長文問題集を探してる人
やっておきたい英語長文700ってよく聞くけど、実際のところどれぐらい難しいんだろう。効果的な使い方や次にするべき参考書も知りたいな。

この記事ではこんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • やっておきたい英語長文700の難易度やメリット・デメリット
  • やっておきたい英語長文700の効果的な使い方
  • やっておきたい英語長文700の次にするべき参考書

この記事を読むことでやっておきたい英語長文700がどんな参考書なのかがすべて分かります。

この記事は3分ほどで読み終わります。

 

やっておきたい英語長文700のレベルなどの基本情報

  • ジャンル:長文問題集
  • 使用時期:英語学習後期
  • 内容レベル:早慶レベル
  • 対象者:早慶や難関国公立志望者
  • 問題数:長文15題

やっておきたい英語長文700は河合塾が出している長文問題集です。

シリーズものになっており全部で

  • やっておきた英語長文300
  • やっておきた英語長文500
  • やっておきた英語長文700(本記事)
  • やっておきた英語長文1000

と4種類あります。それぞれの数字は収録されてる各長文の語数を表しています。

例えば、やっておきたい英語長文700であれば700語程度の長文が15題入っています。

また、数字が大きくなるにつれ長文の難易度も上がっていきます。

 

やっておきたい英語長文700ってどんな参考書?

早慶・難関国公立レベルの長文が15題入っています。

長文は大学の過去問をそのまま使っているので、リアルな難しさを体感できます。

設問に関してはすべて作り変えてあります。

その分、色々な設問をバランスよく解くことができますよ。

また、問題と解説は別冊になっており、取り外しが可能です。

 

やっておきたい英語長文700のレベル

やっておきたい英語長文700は早慶・難関国公立レベルです。

どの長文も難しいものばかり。

これぐらいのレベルになると英文が難しいのはもちろんのこと、日本語自体が難しく、日本語の意味を理解するのにも苦労します。。

 

やっておきたい英語長文700がおすすめな人

早慶や難関国公立を志望する人が対象です。

1個下のやっておきたい英語長文500と比べても、一気にレベルが上がるので要注意です。

もし700をやってみて難しい場合には、「ポレポレ」や「構文把握のプラチカ」を挟むと読みやすくなります。

自分の場合はそれで解けるようになりました。

それでもかなり苦労しましたが。。

ポレポレと構文把握のプラチカのレビュー記事を貼っておくので気になる方は参考にしてください。

ポレポレの成績の上がる5つの使い方やレベル、特徴を徹底解説!

構文把握のプラチカのレベルや使い方、4つの特徴を徹底解説!

 

やっておきたい英語長文700のレベルから見たメリット5つ

やっておきたい英語長文700の良いところは主に5つです。

  1. 早慶・難関国公立レベルの長文を15題も解ける!
  2. 設問のバランスがいい!
  3. 難関大に頻出の様々なテーマが学べる!
  4. 各テーマに関する背景知識をまとめたコラムがついている!
  5. 100語前後の要約もついている!

1つずつ解説しますね。

 

①:早慶・難関国公立レベルの長文を15題も解ける!

このレベルの長文が15題も収録されているのはかなりお得かと。

1題1題が重いですが、この15題を丁寧にやり込めば最難関大の長文を読めるぐらいの力がつきますよ。

最難関大レベルの長文をたっぷり演習できる!

 

②:設問のバランスがいい!

やっておきたい英語長文シリーズは設問のバランスがいいです。

  • 和訳問題
  • 穴埋め
  • 並べ替え
  • 内容一致
  • 内容説明(記述)

などなど様々な設問パターンを練習することができます。

様々な角度から問題を解くことで、グングン読解力がついていきますよ。

設問のバリエーションが豊富なのも魅力の1つ!

 

③:難関大に頻出の様々なテーマが学べる!

やっておきたい英語長文700は長文テーマの選定もすばらしいです。

難関大で頻出のテーマをバランスよく読むことができます。

例えば

  • グローバル化
  • 言語論
  • 環境と経済
  • 少子高齢化社会
  • 遺伝子

などなど。

これらは難関私立や国公立の2次試験でよく狙われるテーマです。

やっておきたい英語長文700でこういった頻出のテーマを読んでおけば、本番も同じようなテーマに当たったとき読みやすくなりますよ。

これ1冊で15個の頻出のテーマを網羅することができる!

 

④:各テーマに関する背景知識をまとめたコラムがついている!

やっておきたい英語長文700の解説には

「Topic」というちょっとしたコラム欄がついていて、各テーマの背景知識について学ぶことができます。

これがなかなか便利でして、頻出の各テーマについてより詳しく学ぶことができるんです。

ある程度、背景知識について知っているだけで同じテーマの長文が一気に読みやすくなりますよ。

なお、この「Topic」についてはすべて日本語で書いてあるので、背景知識を入れることだけに集中することができます。

長文以外からも背景知識を学べるようになっている!

 

⑤:100語前後の要約もついている!

やっておきたい英語長文700の解説には100語前後の要約もついています。

設問で聞かれることはないのですが、要約が出題される大学・学部を受ける人は設問とは別に解いてみることをおすすめします。

要約の練習も行うことができるよ!

 

やっておきたい英語長文700のレベルから見たデメリット2つ

やっておきたい英語長文700を使うときの注意点は以下の2つです。

  1. 本文構造に関する解説はほぼない
  2. CDはついていない

1つ1つ見ていきます。

 

①:本文構造に関する解説はほぼない

やっておきたい英語長文700は、本文構造に関する解説がほぼありません。

たまに、難しい文には解説が書かれていますがSVOCなどは振られていないです。

しかし、この参考書に挑むレベルの人であれば英文解釈は身につけていると思うので、日本語訳を見れば構造が把握できると思います。

また、その分解説がすっきりしているので読みやすいです。

 

②:CDはついていない

やっておきたい英語長文700には、CDがついておらず音源をダウンロードすることもできません。

なので、音読用というよりは完全に演習用の問題集とわりきって使うのがおすすめです。

 

やっておきたい英語長文700のレベルを踏まえた効果的な3つの使い方

次に、具体的な使い方を見ていきましょう。

この参考書を使う人であれば、長文問題集の使い方については分かっていると思うので、注意点だけ挙げときます。注意するのは以下3点です。

  1. 時間は計るが参考程度でOK
  2. 読んでて分からなかった単語や文に印をつけておく
  3. この問題集も必ず復習する

 

①:時間は計るが参考程度でOK

各長文には目標時間が設定されています。

一応時間は計って解いてほしいのですが、これに関してはあまり気にする必要はないかなと。あくまで目安なので。

時間を気にするべきなのは自分の志望校の過去問を解くときですね。そのときは絶対に意識しなければなりません。

 

②:読んでて分からなかった単語や文に印をつけておく

解いてるときに分からなかった単語や文には印をつけておくのがおすすめです。

何もつけないといざ復習するとき、解いててどこが分からなかったのか忘れてしまうんですよね。

そうなったらその場所を1から探すのはすごく面倒ですし時間もかかります。。

でも印をつけておけば、すぐに分からなかったところを見つけてその部分を重点的に見直すことができますよ。

 

③:この問題集も必ず復習する

この問題集についても必ず復習を行いましょう。

それも解いた当日だけでなく、定期的に復習するのがおすすめです。というかしないと全く力がつきません。

特にこの問題集はよく出るテーマが網羅されているので、本番も同じようなテーマが出る可能性が高いです。

 

やっておきたい英語長文700の次にするべき参考書

やっておきたい英語長文700が終わったら次にするべき参考書

  • 志望大学の過去問
  • 英作文などの対策

やっておきたい英語長文700が終われば志望校の過去問を始めましょう。

長文に関してはここまでやれば十分です。

あとは英作文など他の分野を仕上げた方がいいです。

英作文については「これまで書いたことがないよ。。」という人は次の参考書がおすすめです。

英作文の知識0からでも書けるようにしてくれます。

 

この参考書について詳しく知りたいという人は英作文ハイパートレーニング和文英訳編 気になる特徴や使い方を徹底レビュー!の記事を参考にしてください。

 

やっておきたい英語長文700のレベルや使い方:まとめ

まとめるとやっておきたい英語長文700はこんな人におすすめです。

  • 早慶・難関国公立レベルの長文を解きたい人
  • 頻出の長文テーマを1通り網羅したい人
  • 要約の練習や背景知識も一緒に身につけたい人
  • すっきりしてる解説が好みの人

やっておきたい英語長文700はハイレベルな長文問題集ですが、その分やり込めば身につくものも大きいです。

難関大を目指す人にはもってこいの参考書ですよ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA