大学受験向け参考書

速読英熟語のレベルや使い方を徹底解説!【熟語帳で1番おすすめです】

速読英熟語が気になっている人
速読英熟語が気になっている人
・速読英熟語ってどんな参考書なんだろう
・速読英熟語で対応できる大学を知りたい
・速読英熟語のレベルを知りたい

熟語を覚えようとしてる人の中にはこんな悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事ではこういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 速読英熟語に関するよくある質問にお答えします
  • 速読英熟語が対応できる大学・レベル
  • 速読英熟語の特徴(良い点・気になる点)を紹介
  • 速読英熟語の効果的な使い方
  • 次に進むべき参考書

この記事を読むことで速読英熟語がどんな参考書なのかがすべて分かります。

この記事は5分ほどで読み終わります。

 

速読英熟語のレベルや基本情報

  • ジャンル:熟語帳
  • 使用時期:英語学習初期
  • 長文レベル:共通テストぐらい
  • 熟語レベル:大学入試の基本レベル
  • 長文数:50題
  • 熟語数:855語

速読英熟語はZ会が出版している「長文の中で熟語を覚える」のがコンセプトの熟語帳です。

200語ほどの短めの長文の中に熟語が入っており、長文を読みながら覚えられます。

 

速読英熟語のレベル:熟語

収録されてる熟語は、大学入試で求められる一般的なレベルです。

長文を読むにしても文法を解くにしても覚えておかないといけないものばかりです。

 

速読英熟語のレベル:長文

長文のレベルは易しめです。

英検でいうと準2級ぐらいのレベルです。

なので、本格的に長文対策をしていない人でも読めると思います。

というか、速読英熟語を長文読解の1冊目にするとレベル的にもちょうどいいと思います。

また、分かりにくい部分については少しだけですが解説もついてるので安心ですよ。

 

速読英熟語に関してのよくある質問4つ

次に、速読英熟語に関してよく聞かれる質問が4つあるのでお答えします。

  1. そもそも熟語ってやる意味あるの??単語だけじゃダメ??
  2. 文法問題集にある熟語で速読英熟語の代わりになりますか?
  3. 速読英熟語でどの大学まで対応できますか?
  4. 速読英熟語に入るタイミングは?

 

よくある質問①:そもそも熟語ってやる意味あるの??単語だけじゃダメ??

絶対やった方がいいです。

自分も最初

「熟語って別にいらんくね?」「単語だけでいいでしょ。」

とか、ぶっちゃけ思ってました。

でも長文を読むと毎回熟語でつまるんですよね。

なので、熟語も覚えた方がいいかなあということで熟語も覚えだしたんですが、やって正解でした。

長文が明らかに読みやすくなったんですよね。

このレベルの熟語はどこの大学を受けるにしてもやっておいた方が安心ですよ。

 

よくある質問②:文法問題集に熟語も載ってるんですが、それで速読英熟語の代わりになりますか?

文法問題を解くための熟語であれば代わりになります。

しかし、長文対策の1つとして熟語を覚えたいのならば代わりにはなりません。

その場合は速熟を使った方がいいです。

文法問題で聞かれる熟語と長文で出てくる熟語は微妙にちがうので。

 

よくある質問③:速熟でどの大学まで対応できますか?

  • 共通テスト
  • 中堅私立(日東駒専)
  • 難関私立(MARCH,関関同立)
  • 地方国公立

この辺までは大丈夫です。早慶や難関国立大には不安が残るかもしれません。

しかしどれだけ覚えても分からない単語・熟語は出るので、まずは速読英熟語を1冊仕上げましょう。

合格点は取れます。

 

よくある質問④:速読英熟語に入るタイミングは?

下の3つが終わっていれば使いこなせます。

  • 単語帳を1冊終えている
  • 基本的な文法に関しては理解している
  • 英文解釈の参考書も1冊終えている

速読英熟語は「長文の中で熟語を覚える」のがコンセプトなので、まずは上3つを終えていることが重要です。

なぜなら、長文を読むのに上の3つの力がいるからです。

なので、上3つがまだの人は先にそちらを仕上げることで速読英熟語を最大限に活かすことができますよ。

 

速読英熟語のレベルから見たメリット5つ

速読英熟語には5つの良いところがあります。

  1. 長文の中で熟語を覚えられる
  2. 長文が50本もあるので多読ができる
  3. 長文の内容が面白くてレベルも易しめ
  4. 熟語と一緒に大事な文法も復習できる
  5. 音声が聞ける

それぞれ見ていきましょう。

 

①:長文の中で熟語を覚えられる

熟語って単語よりも覚えにくいですよね。

簡単な動詞と前置詞の組み合わせなのでややこしい。。

なので、長文の中で覚えることは熟語ととても相性がいいんです。

長文の中で覚えると

めちゃくちゃ印象に残る
  ↓
忘れにくい、覚えやすい
  ↓
定着しやすい

といいことだらけです。

「熟語」単品では覚えにくいですが、「長文」と合わせることでサクサク覚えることができちゃいます。

何度も読み込んで全部ものにしちゃいましょう。

 

②:長文が50本もあるので多読ができる

長文の収録数が50本と多いです。

つまり、50本も長文の練習ができることになります。

英語学習の初期~中期にこれだけの経験ができるというのは強いです。

50本の長文を読み終えた頃にはメキメキ読解力が上がっていますよ。

 

③:長文の内容が面白くてレベルも易しめ

長文の内容も面白いものばかりです。

堅いテーマばかりだと読むのが苦痛になってきますよね。

しかし、速読英熟語の文章はどれも面白くて早く次の長文を読みたくなってきます。

特に

3.引っ越しの理由

28.家族の秘密

29.「暗くて読めない」

この辺りは個人的に名作だと思います(笑)

また、レベルも易しめなので読むことに対する負担が軽いです。

なので独学でも安心して続けられます。

 

④:熟語と一緒に大事な文法も復習できる

速読英熟語では、熟語だけでなく大事な「文法・構文」も載っています。

なので、熟語だけでなく「文法・構文」も一緒に覚えることが可能です。

文法の参考書で覚えた表現が、実際の長文の中でどのように使われているのかを実感することができますよ。

 

⑤:音声が聞ける

速読英熟語には音声があるので効果的に音読することができます。

音声を使って音読するメリットは3つです。

  • 速読力が身につく
  • リスニングの基礎ができ上がる
  • 単語、熟語、文法を効率的に身につけられる

音声に合わせて音読することで「速読力」と「リスニング力」を同時に鍛えられますよ。

自分も速読英熟語をの50本の長文をひたすら音読することで英語の力がメキメキついていきました。

速熟を買うのであれば、必ず音声も使いましょう。

 

速読英熟語のレベルから見たデメリット2つ

速読英熟語の気になるところは2つです。

  1. CDは別売り
  2. 50本の長文に入りきらなかった熟語は例文になっている

1つずつ見ていきます。

 

①:CDは別売り

CDは別売りです(2200円)。

決して安くない金額ですが速熟を使う以上、手に入れてることをおすすめします。

友達4人とシェアすれば500円ちょっとで買えますよ。

スタバを1回だけ我慢してCD代に回しましょう。

 

②:50本の長文に入りきらなかった熟語は例文になっている

熟語は全部で855語ですが、そのうち長文に入っているのは603語です。

残りの252語は例文を使って覚えることになります。

この点だけが速読英熟語の気になるところです。

とはいっても、例文も面白いものばかりなのでやり出したらそこまで気にならないと思います。

 

速読英熟語のレベルから見た効果的な使い方

先に流れを書いておきます。

  1. 熟語のページで軽く熟語と文法・構文に目を通す
         ↓
  2. 何回も長文を読み込む
         ↓
  3. 熟語のページに戻って意味が言えるか確認

流れとしてはこれだけです。

速読英熟語は

  • 長文のページ
  • 熟語のページ

に分かれているのでそれらの使い分けが重要です。

 

①:熟語のページで熟語と文法・構文に軽く目を通す

まずは、熟語のページで軽く熟語と文法・構文に目を通しましょう。

このとき、いきなり全部覚えようとか思わなくても大丈夫です。

「今から長文の中でこういう熟語を覚えるのかあ」

ぐらいでOKです。

 

②:何回も長文を読み込む

次に長文を読み込んでいきましょう。

さっき目を通した熟語が長文の中に出てきますので、長文を訳しながら意味を覚えていきます。

このとき大事なことが3つあります。

  • 1回読んで終わりにしない、何回も読み倒す
  • CDの音声を使って音読する(速読力・リスニング力 up⇈)
  • 音読する前に訳や文構造で分からない部分は解消しておく

特に最後は要注意です。

文構造などで分からないところがあるまま音読しても無駄です。

分からないものをいくら読んでも分からないままだからです。

自分はこれで最初かなり時間を無駄にしたので皆さんは気をつけてくださいね。。

 

それから、1回読んで「はい次!」はダメですよ。

1回読んだところで身につくものなんてほぼないです。

何度も読むことで長文・単語・熟語・文法が自分の血肉になっていきます。

必ず同じ長文を何度も何度も読みましょう!

これをしないと英語はできるようになりません。

 

③:熟語のページに戻って意味が言えるか確認

最後に熟語のページでもう一度日本語の意味が言えるか確認してください。

長文に頼らなくても意味を思い出せるかも重要だからです。

 

速読英熟語のまとめとレベル考えた次に進むべき参考書

まとめると速読英熟語はこんな人におすすめです。

  • 熟語を長文の中で覚えたい人
  • 多読も一緒にしたい人
  • 熟語だけでなく、文法・構文も一緒に復習したい人
  • リスニングの基礎を固めたい人

 

速読英熟語1冊で

  • 熟語
  • 文法
  • 長文
  • リスニング

と色々使い倒せます。

かなりやり込める参考書になっているのでぜひ使い込んでほしいと思います。

 

速読英熟語を終えた人は長文を読むための基礎が固まっていると思うので、次は長文に進みましょう。

おすすめの参考書を2つ紹介したいと思います。

  • 英語長文レベル別問題集4(東進ブックス)
  • 短期で攻める1日1題1週間スピード英語長文 Level 2(ピアソン桐原)

書店に行くと長文問題集は山ほどありますが、上2つは速読英熟語からうまく繋ぎやすいのでおすすめです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA